・摂りすぎはダメ?!葉酸サプリの過剰摂取

 

妊娠前や妊娠初期の必須サプリメントと言われている葉酸。食品から摂る葉酸であれば、水や熱に弱いため、尿や便と一緒に体外に排出されます。
そのため葉酸を多く含む食品を多く食べても吸収率は50%以下と少なく、過剰摂取にはなることはまずありませんが、逆に吸収率が悪いことから、妊娠時期はサプリメントで1日に必要な量を摂取する必要があります。

 

しかし、必要以上に摂取してしまい、飲み過ぎによる副作用も報告があり、過剰摂取による注意しなければなりません。
妊娠時期の1日の葉酸の必要量は400μgとされており最高でも1000μgです。
それ以上は過剰摂取となるため、注意するように多くの産婦人科や厚生労働省でも発表されています。

 

ちなみに、ここで上げてある量は、1日の食事から摂れる葉酸の量+サプリで400μgが必要という意味です。
市販されている葉酸サプリの1日の摂取量は、だいたいその規定の量となっているものがほとんどです。
その為、サプリの裏側に記載されている用法用量はしっかりと守る必要があります。

 

・葉酸を過剰摂取した場合の〜主な副作用〜

 

現在判明している葉酸を多く摂取しすぎた場合(1日に1000μg以上)の副作用は、食欲不振、吐気、むくみ、不眠症があげられます。

 

その他にも、発熱に伴う蕁麻疹や毛細血管が拡張したことによって皮膚に紅い斑点が引き起こされる紅斑が生じる症状の報告もあります。
さらに、原因不明の痒みや呼吸障害や栄養素の吸収率低下(亜鉛)や高齢者ではビタミンB12の不足が分かりにくくなり発見が遅れてしまうと、それによって認知症を引き起こしてしまうこともあるとされています。

 

葉酸は、特に妊娠初期には必須ビタミンとされていますが、逆に過剰に摂取してしまうと様々な健康被害を生じさせてしまいますので、お腹の赤ちゃんにも被害を与えることにもなりかねません。

 

最近、オーストラリアで葉酸の摂取しすぎは、赤ちゃんの喘息の確率が高くなるという報告がありました。
その為、『葉酸は危険?』と間違えた認識をもった方もいらっしゃいますが、あくまで過剰に飲んだ場合の例です。

 

・葉酸サプリの摂取量を守って補給することが必要

 

妊娠に葉酸が必須ということには変わりはありません。
ただサプリメントは、天然由来のモノグルタミン酸型の葉酸である必要がありますし、1日の量を厳守したら、食事は普通に食べて問題ありません。

 

妊娠時の葉酸は、赤ちゃんの健康を維持する上でとても必要な栄養素であることはもちろん、貧血予防、免疫力アップ、細胞の修復・合成、ガン予防、胃腸の強化、シミそばかす改善などのあらゆる主作用もあるので1日の目安量の摂取は心がることが大事です。

 

反対に不足すると貧血、神経障害、胃潰瘍などを、妊娠中であればお腹の赤ちゃんに神経管閉鎖障害が生じてしまいます。
とはいえ摂取することに過敏にならずに、普通に食事をして葉酸サプリの規定の量を守っていくのが大切なのですね。